自家用車以外の車載器で使えるETCカードの請求は?

ETCカードとETC車載器は同一の持ち主が使って初めて作動すると勘違いしている人がいますが、両者は別々のものです。

仕組みをお話ししましょう。

ETCカードと車載器は元から別々のモノ。

ETCカードには持ち主である本人の個人情報一式がインプットされています。

ETCカードの車載器には、取り付けられている車の情報(型式や車両番号など)だけが入っています。

ETCカードとETC車載器は、もともと別々のものなので、ETCカードさえ携帯していれば、どの車に乗ってもその車に車載器さえあれば利用できます。

たとえば銀行のATMは全国にありますが、キャッシングカードさえあればどこの銀行のATMでも使えるのと同じ原理です。

ETCカードがあれば他の車の車載器でも使える。

個人情報のすべてはETCカードに入っていますので、高速道路を利用した人への請求は、ETCカードの持ち主のもとになされます。

したがって、自分の車に取り付けてある車載器に、車の持ち主とは違う友人や知人がETCカードを差し込んで使うこともできます。

ETCゲートを通過するときゲートが自動的に開くようになっていますが、あのシステムは、GPSの位置情報とETCカードが無線で結ばれていることで作動しているからです。

ETCカードが情報を受発信しています。

盗難にあって困るのは車載器よりもETCカードのほうだと言われるのは、個人情報の一式がETCカードに凝縮されているから。

たとえばETC車載器が盗まれても、それを悪用して持ち主であった個人に被害が及ぶ範囲は少ないですが、ETCカードには個人情報のすべてが入っているので被害の大きさは比較になりません。

ETCカードは使い終わったら車載器から抜いて、つねに携帯するようにしましょう。



Comments are Closed